上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
コスモゼロ完成しました。長かった。
3タイプ作ったので、ちょっと写真が多くなってます。写真をクリックすれば、もう少しきれいに見れるかと思います。どう変換すればきれいな状態でアップできるのか...
意匠上、細かったり尖ってたりする部分が多いので大変でした。
変に翼等に厚みをつけようとした結果、その効果以上に作成が難しくなった部分もあります。要反省。
ブリュンヒルトで気がついたテクスチャの作成法、貼り方とかもあったりするので、まだまだな作品ではあります。


IMG_1459.jpg

IMG_1455.jpg

IMG_1297.jpg

IMG_1300.jpg

IMG_1302.jpg

IMG_1307.jpg

IMG_1312.jpg

IMG_1319.jpg

IMG_1349.jpg

IMG_1354.jpg

IMG_1342.jpg

IMG_1331.jpg

IMG_1347.jpg

IMG_1344.jpg

IMG_1375.jpg

2013-02-15_231833.jpg
スポンサーサイト
2013.02.15 Fri l 宇宙戦艦ヤマト l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

No title
三機並ぶと圧巻ですね。苦労しただけあって「翼の厚み」がとても良い感じだと思います。
お疲れ様でした。
2013.02.18 Mon l uhu02. URL l 編集
Re: No title
> 三機並ぶと圧巻ですね。苦労しただけあって「翼の厚み」がとても良い感じだと思います。
> お疲れ様でした。

ありがとうございます。
そう言って頂けると、厚みをつけた甲斐もあります笑
2013.02.19 Tue l poltron. URL l 編集
画像は・・・
画像形式は.png ファイルにすると綺麗に再現出来ます。
ただし、.jpg よりもかなり大きめなファイルになってしまうので
サイトによってはUP出来ない事もあります。

画像の大きさや、余分なところをトリミングでカットして
ファイルの容量を縮小する方法で対応します。

画像変換の出来るソフトを1つ持っていると便利ですが
標準装備されていものでも十分対応できます。
2013.07.09 Tue l ヤマト大好き. URL l 編集
追伸。。。
立体的な模型の写真を撮影するときは・・・

カメラレンズの「望遠」側で撮影すると、
被写界深度が浅くなって、ピンとを合わせた部分以外は
ボケやすくなります。

レンズの「広角」側で撮影すると、
被写界深度は深くなって、全体的にピントが合うようになりますが、
像がゆがんでしまったりします。

これらの解消には、
模型が十分入る程度のレンズで、
なおかつ、
絞り値を大きくすると
被写界深度は深くなって
全体的にピントが合うようになります。

もちろん、絞り値を上げるのですから
被写体をなるべく明るくしてあげなければなりません。

色が飛ばない程度に明るく照らして
感度を上げた撮影で
絞り値を大きく
撮影してみてください。
2013.07.09 Tue l ヤマト大好き. URL l 編集
Re: 追伸。。。
アドバイスありがとうございます!
次回の作品から、早速挑戦しようと思います。

カメラのことはよくわからないので今までなんとなく撮ってきましたが、これを機に少し勉強しようかと思います。
2013.07.10 Wed l poltron. URL l 編集
撮影についてもう1つ
カメラのレンズ(光学レンズで解説しますと)レンズが大きいものほど
集光力(光を集める量)が高くなって、より映像が綺麗になります。
逆に集光力が低いレンズだと、被写体の背景などが白く飛んでしまいます。
よくインスタントカメラでの撮影で、背景が真っ白になって、
山なみとか風景が写らないのはこのためです。

デジタルでは画素数の大きいものほど
綺麗な画像が再現できます。

また、模型を撮影するうえで、前回絞り値を大きめにすると良いと申しましたが、
絞り値を上げると暗くなるので、シャッタースピードを遅くする必要性が出てきます。
そこで役立つのは三脚です。
シャッタースピードが遅くなるため、手持ち撮影ですと手ぶれを起こす可能性があります。
もちろん、補正機能もあると思いますが
三脚を用いて、ライトを当て、感度の高めの、絞り値優先、
シャッタースピード遅め、
そんな設定で撮影されると、全体的にピントの合った画像が出来ると思います。

素敵な作品を、より魅力的に。
ぜひぜひ期待しております!

@^^@ノ
2013.07.11 Thu l ヤマト大好き. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://gingapepakuradensetu.blog10.fc2.com/tb.php/165-146fcb84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。